[PR]

 27日午前0時5分ごろ、東京都大田区大森南3丁目のマンション4階に住む20代女性から「子どもに熱があって反応しない」と通報があった。この部屋に住む新井礼人(あやと)ちゃん(3)が心肺停止の状態で病院に搬送され、間もなく死亡が確認された。顔や体にあざがあり、警視庁は通報した母親と同居の20代男性から事情を聴いている。

 大森署によると、礼人ちゃんは洋間の布団の上で横たわっていた。顔やお尻などに数日以内にできたとみられるあざがあり、左耳から出血していたという。死因は頭部への衝撃だった可能性があるといい、署は暴行を受けた疑いもあるとみて死亡の経緯を調べる。

 署や地元の品川児童相談所には、虐待の相談や通報は寄せられていなかった。大田区によると、礼人ちゃんは0歳のころから区立の保育園に通っており、同区保育サービス課は「保育士が25日に着衣を手伝った際に体にあざはなかった」としている。