[PR]

 抹茶アイスとフルーツに、ちくわ――。鳥取県倉吉市に「ちくわパフェ」を出す喫茶店がある。もともと大手ゲーム会社のインターネット企画に出てくる架空のメニューだったが、舞台の街のモデルが倉吉だとうわさになり、ファンが来店。触発された店主が「本物」を作った。それから半年、国内外から目当ての客が次々と訪れている。

 鳥取県中部、人口約5万人の倉吉市。「ティーラウンジ ダイアナ」は薪(まき)ストーブと自家焙煎(ばいせん)コーヒーが自慢の店だ。約30年前に開店し、地元の人が集う。

 そこに昨年7月下旬、東京都内から20代後半の男性3人がやって来た。「ここで『ちくわパフェ』を出してるってネットで見た」

 マスターの山根正勝さん(67)は驚いて、3人に詳しい話を聞いてみた。