[PR]

 記録的な寒波の影響で断水が相次いだ九州・山口では27日、一部が復旧したものの、少なくとも計18万6千世帯以上で断水や給水制限が行われている。この朝から気温が上がったため、凍結で破損した水道管からの漏水も多発し、復旧のめどが立たない地域もある。

 福岡県のまとめでは27日午前9時現在、12市町の約6万3千世帯が断水している。市内全域の約5万5千世帯が断水した同県大牟田市では一部が復旧したが、約2万9千世帯で断水が続いている。筑紫野市では約1万9千世帯、中間市では3040世帯で、北九州市でも八幡西区別当町の570世帯で断水している。

 福岡県教委によると、断水などを理由に27日、大牟田、みやま、筑紫野、太宰府などの各市で一部の小中学校が休校した。

 同県太宰府市も27日、ほぼ全…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら