[PR]

 JR東日本東京支社は27日、JR山手線の運転士(41)が運転中に私用スマートフォンを操作していたと発表した。

 同支社によると、運転士は同日午前0時50分ごろ、山手線外回りの田端―日暮里間を運転中、スマホを取り出して動画を見ていた。運転台の様子を見ていた乗客が日暮里駅到着時に駅員に通報し、発覚したという。

 JR東は運転士や車掌に対し、乗務中は私用スマホや携帯電話の電源を切り、カバンにしまっておくよう指導しているという。同支社は「詳しい事実確認のうえで厳正に対処する」としている。