第9回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)は27日、東京都渋谷区の将棋会館で本戦トーナメントの3日目があり、戸辺誠六段(29)が準決勝進出を決めた。1回戦で前回準優勝の渡辺明竜王(31)、2回戦で藤井猛九段(45)を破り、初のベスト4入り。

 本戦には予選を勝ち抜いた8人とシード8人の計16人が出場。すでに前回優勝の羽生善治名人(45)と村山慈明(やすあき)七段(31)が4強入りを決めており、準決勝で戦う。戸辺六段と戦うもう1人は29日に決まる。準決勝・決勝は2月13日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで公開で指される。

    ◇

 準決勝・決勝の観戦は今回から有料です。チケットは朝日ホール・チケットセンター(03・3267・9990)で販売中です。大人1800円、中学生以下900円(未就学児は入場不可)。