[PR]

 訪中しているケリー米国務長官と中国の王毅(ワンイー)外相が27日、北京市内で会談し、4度目の核実験を強行した北朝鮮に対し、国連安全保障理事会で新たな制裁決議を採択することで合意した。しかし、具体的な制裁内容は詰めることが出来ず、「より厳しい制裁」を求める米国と中国との溝の深さがあらわになった。

 ケリー氏と王氏は、昼食を挟んで当初予定の2倍の約4時間にわたって協議した。会談後の共同記者会見で、王氏は対北朝鮮制裁について「さらなる新しい決議に同意する」と表明したものの、「新しい決議は半島を混乱に陥らせるものであってはならない」とも強調。北朝鮮の安定を損なう厳しい制裁には応じられない考えを明らかにした。

 中国側が新しい制裁決議について直接言及するのは初めて。北朝鮮の後ろ盾である中国が厳しい制裁に慎重な姿勢を示したことで、新たな国連安保理決議の議論は長引く可能性が出てきた。

 ケリー氏は「強い制裁決議が必…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも