[PR]

 ベトナム共産党は27日、最高指導者のグエン・フー・チョン書記長(71)の留任を正式に決めた。開催中の党大会最終日の28日に公表される。序列2位のチュオン・タン・サン国家主席(67)、3位のグエン・タン・ズン首相(66)は5月の総選挙後、退任する。

 党関係者によると、チョン氏は留任するが、1~2年で退く意向という。新しい国家主席にはチャン・ダイ・クアン公安相(59)、新首相にはグエン・スアン・フック副首相(61)が就く見通し。

 ベトナムは共産党の一党支配体制。原則5年に1度の党大会で指導体制が決まる。(佐々木学)

こんなニュースも