[PR]

 群馬県高崎市で昨年4月、女性が相次いで硫酸をかけられてけがをした事件で、傷害と器物損壊の罪に問われた同市山名町、無職北村宣晃(のりあき)被告(31)に対し、前橋地裁は29日、懲役2年6カ月(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。野口佳子裁判長は「身勝手にも女性を驚かせようと考え、準備した上での犯行。被害者はけがを負っており、責任は軽くない」などと述べた。

 判決によると、北村被告は昨年4月2日と6日、JR高崎駅のビル店舗内や同市内の商業施設などで、計3人の女性の背後から硫酸をかけて、衣服やストッキングを溶かし、脚に7~10日間のやけどを負わせた。