[PR]

 米大統領選の民主党候補者指名争いで支持率2位のバーニー・サンダース上院議員は27日、ホワイトハウスでオバマ大統領と会談した。外交政策や内政などについて意見交換したという。サンダース氏は会談後、オバマ氏は大統領選の民主党候補者が正式に決まるまで中立を保つべきだとの考えを示した。

 会談は約45分間で、昨年12月に続きサンダース氏との会談は2回目。オバマ氏は、ヒラリー・クリントン前国務長官とも個別に数回、会談している。

 サンダース氏は会談後、記者団に「オバマ大統領や副大統領は選挙戦の段階でこれまでも公平・公正を期しており、今後もそうすると期待している」と述べた。オバマ氏は最近のインタビューでクリントン氏支持を示唆しており、サンダース氏がこうした発言をしないようクギを刺したものとみられる。

 また、立候補予定者の中で最左…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

こんなニュースも