[PR]

 欧州連合(EU)の欧州委員会は27日、自動車メーカーが販売前に受ける新車の型式認証について、違反している場合は欧州委が自動車メーカーに制裁金を課せる改革案を発表した。独フォルクスワーゲン(VW)による不正問題の再発防止を徹底するねらいがある。

 加盟国にゆだねている現行制度を改め、欧州委の監視を強めて厳しく対応する。型式認証の試験では、環境基準などに適合しているかどうかを調べる。VWは、この試験のときだけ不正ソフトを動かして、有害物質の排出を抑えていた。

 欧州では一つの加盟国で型式認証を受ければEU域内で販売できるが、「加盟国の当局は、自国メーカーが違反しても雇用などへの配慮から対応が甘くなりがちだ」(環境団体)との指摘が根強かった。改革案では、違反が確認されたのに加盟国が制裁金を課さない場合、欧州委が代わって課せるようにする。

 さらに、販売後の車も欧州委や加盟国が抜き打ち検査できるようにする。それにより早期に違反している車を見つける。改革案は欧州議会などで審議されるが、大手自動車メーカーを抱えるドイツなどが反発する可能性もある。(シュツットガルト=寺西和男)