2015年のボトルワインの輸入量で、チリ産ワインが初めてフランス産を上回ったことがわかった。関税引き下げの効果もあり、価格の安さから近年、人気が高まっていた。

 財務省が28日発表した貿易統計によると、ボトルワイン(スパークリングを除く)の輸入量のうちチリ産は前年比18%増の5万1593キロリットル。フランス産の5万1519キロリットル(前年比3%減)を初めて上回り、首位になった。

 チリ産ワインが大きく伸びるきっかけになったのは、07年に発効した日本とチリの経済連携協定(EPA)だ。関税が段階的に削減され、チリ産ボトルワインの輸入量はこの10年で6倍超に増えた。13年にイタリア産を抜いて2位になり、長年の王者フランス産に迫っていた。1千円以下の安い価格でも本格的な味わいを楽しめることなどで、人気を集めている。(岡林佐和)