[PR]

 岡山県北部の鏡野町奥津で1日、特産の「姫とうがらし」を雪上で天日干しする「雪ざらし」が行われた。地元の小学生も加わり、真っ赤なカーペットを敷くようにトウガラシを並べた。

 企画したNPO法人によると、塩漬けにした約200キロのトウガラシを雪の上に2~3日さらして余分な塩分やアクを抜き、外皮を軟らかくするという。米麴(こうじ)と混ぜ合わせてミンチ状にし、たるの中で約3年熟成させると、「とうがらし味噌(みそ)」「とうがらし醬油(しょうゆ)」などの原料になる。(松尾俊二)