NHKは28日、Eテレの「おかあさんといっしょ」で4月4日から新しく始まるぬいぐるみ人形劇「ガラピコぷ~」のキャラクターを発表した。

 物語の舞台は、水と緑が豊かな惑星「しずく星」。活発でダンスが得意なウサギの女の子・チョロミー、内気で絵が上手なオオカミの男の子・ムームー、相手の感情を理解するのが苦手な惑星探査用ロボット・ガラピコが友情を深めていく。「ガラピコぷ~」は、1960年に始まった1作目の人形劇「ブーフーウー」から数えて13作目。

 NHKによると、同番組の人形劇でロボットがメインキャラクターになるのは初めて。これまでの作品でも「他者を理解すること」をテーマにしてきたが、NHKエデュケーショナルの広岡篤哉・部長プロデューサーは「違う文化の友達との出会いを面白く描きたい」と今回の狙いを話した。

 現在放送中の12作目「ポコポッテイト」に登場するキャラクターは4月以降、NHKが開くイベントなどに出演するという。(滝沢卓)