[PR]

 チリ産ワインの輸入量が2015年、王者フランス産を抜き首位になった。「コストパフォーマンスが高い」との評価が消費者に定着しつつあり、日常的に楽しむワインとして広がっているようだ。

 財務省が28日発表した貿易統計によると、ボトルワイン(スパークリングを除く)の輸入量のうちチリ産は前年比18%増の5万1593キロリットル。フランス産の5万1519キロリットル(同3%減)を上回り、初めて首位になった。チリ産の輸入量はこの10年で6倍超という勢いだ。

 チリ大使館のミカエル・マルスカ商務参事官は「非常にうれしい。これからも政府としてサポートしていく」とコメントした。

 「チリ産ワインは価格の割にしっかりした味、という認識が消費者に広がっている」と話すのは、輸入食材に強いスーパー「成城石井」のバイヤー、東海林慶さん。店頭では1千~2千円台が主力だが、約1万5千円の「アルマヴィーヴァ」なども人気という。11月に解禁されるフランスの新酒「ボージョレ・ヌーボー」にならい、南半球のチリで新酒が出る夏に「チリヌーヴォ」のフェアも開催している。