[PR]

 廃棄食品の不正流通を調査している岐阜県は28日、みのりフーズ(同県羽島市)で見つかった100品目を超える食品のうち、新たに8品目が産業廃棄物処理業ダイコー(愛知県稲沢市)に廃棄委託されていたと発表した。みのりフーズの実質的経営者は転売を否定しているという。

 8品目は、キリン協和フーズ(現MCフードスペシャリティーズ、東京都)輸入「グルエース(VF、VS、S―1)」「アジパワーS1」、販売「清湯(ちんたん)スープポークエキス」▽ニッカプランニング(愛知県)輸入「水煮筍(たけのこ)」▽栗木食品(名古屋市)輸入「糸切りごぼう」▽ロイヤル(千葉県船橋市)製造で、セブン&アイ・ホールディングスのプライベートブランド「雪の子ムースケーキ」「ザッハトルテ」▽関越物産(東京都)製造「串こんにゃく」。

 岐阜県は今月、ダイコー同様に食品製造の過程で出る、かすなどを扱う県内の産廃業者を全て立ち入り検査し、不正な横流しは確認されなかったとしている。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら