[PR]

 東京都大田区の新井礼人(あやと)ちゃん(3)が虐待された後に死亡した事件で、傷害容疑で逮捕された、母親の交際相手で暴力団組員の永富直也容疑者(20)が暴行後に「息をしているから大丈夫」と言い、病院に連れて行くなどの処置をしなかったことが警視庁への取材でわかった。警視庁は暴行が死亡の原因とみており、傷害致死容疑を視野に調べる。

 大森署によると、永富容疑者の暴行は、25日午後8時半ごろに始まった。母親の説明では、礼人ちゃんに過呼吸の症状が出て、体をけいれんさせた午後10時ごろまで断続的に続いた。様子がおかしいと永富容疑者に言うと「息をしているから大丈夫だ」と言い、介抱もしなかったという。

 礼人ちゃんは翌26日朝、発熱して「苦しい、ママー、ママー」と訴えた。同日午後10時ごろに唇が青くなって容体が悪化し、母親は27日午前0時過ぎに消防に通報。永富容疑者はそれまで、同じ部屋にいた。搬送先で死亡が確認された礼人ちゃんは、頭への強い衝撃が死因と判断された。

 署によると、永富容疑者は、顔…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら