[PR]

 東海地方の産業界で、人材の獲得競争が激しくなっている。厚生労働省が29日発表した昨年12月の有効求人倍率(季節調整値)は、岐阜県が全国3位、愛知県は4位で、ともに1・6倍前後の高水準だった。好調な製造業に加え、パートやアルバイトに頼る飲食・サービス業で人手不足が強まり、就職支援会社も活発に動いている。

 「好景気の今は転職のチャンス。新しいビルが職場になるのも魅力です」。25日、名古屋駅前の「大名古屋ビルヂング」で開かれた合同就職面談会。面接を受けに来た名古屋市西区のパート女性(46)は、こう意気込んだ。今は市内のホテルで時給約800円で働くが、販売職への転職と給与アップを望む。

 面談会はこのビルにテナントとして入る飲食・小売り関係の26社が対象。人材サービス大手のインテリジェンスが開き、仕事を求める約200人が集まった。

 同社によると、名駅地区ではパートやアルバイトが不足し、平均時給は千円を上回る。大名古屋ビルでは3月にオープンする商業施設部分だけで約千人の雇用が生まれ、面談会では「時給1500円」をうたう企業もあった。同社の稲垣貴俊・東海統括部長は「名駅地区での採用は、東京並みに厳しい。人材確保がサービス業の最優先課題になっている」と指摘する。

 名駅地区では昨年秋、大名古屋ビルとJPタワー名古屋が完成したほか、JRゲートタワーも来年春に開業予定だ。いずれもオフィスと商業施設を併設する大型ビルで、入居企業からは「開業時期が重なったら、採用がもっと大変だった」(衣料品店の採用担当者)との声も聞かれる。

 こうした求人ラッシュは、東海地方の基幹産業である自動車関連の好調さなどと相まって、有効求人倍率を押し上げている。リクルートキャリアによると、採用難は正社員でもみられ、非製造業を中心に中途採用を増やす動きが目立つという。同社は30日、名古屋で初の試みとして、転職志望者を対象とする合同企業説明会を開く。(大隈悠)

■愛知県の有効求人1・59倍

 昨年12月の有効求人倍率は、愛知県が前月より0・03ポイント高い1・59倍、岐阜県は同0・03ポイント高い1・63倍、三重県は同0・02ポイント低い1・35倍。また、15年の平均では、愛知県が前年より0・01ポイント高い1・54倍、岐阜県は同0・23ポイント高い1・52倍、三重県は同0・09ポイント高い1・30倍だった。東海地方の景気の堅調さを反映し、いずれも全国平均の水準を上回っている。