[PR]

 気象庁によると、西日本の太平洋側を低気圧が進むため、関東甲信地方は29日朝から30日にかけ、雨や雪が降ると予想されている。関東北部や甲信地方では雪が積もる可能性がある。

 29日の朝から夕方までに予想される降雪量は、いずれも多い所で、関東北部山沿いで30センチ、甲信地方で20センチ、関東北部平野部で10センチ、箱根~多摩や秩父地方にかけては5センチ。

 また、関東南部の平野部では29日夜~30日朝にかけて雪が降り、都心でも積雪の可能性があるという。