28日のニューヨーク株式市場は、大企業で構成するダウ工業株平均が上昇し、前日より125・18ドル(0・79%)高い1万6069・64ドルで取引を終えた。

 米原油先物相場が値上がりし、投資家心理が改善。エクソンモービルやシェブロンなどエネルギー関連の銘柄に買い注文が集まり、ダウ平均全体の上昇につながった。米建機大手キャタピラーなど堅調な米企業の決算内容も好感された。

 ハイテク株が中心のナスダック市場の総合指数は、前日より38・51ポイント(0・86%)高い4506・68で取引を終えた。(ニューヨーク=畑中徹)

こんなニュースも