[PR]

 29日の東京外国為替市場の対ドル円相場は、小幅な値動きとなっている。同日昼ごろに発表される日本銀行の金融政策決定会合の結果を見極めようと、投資家が積極的な取引を控えている。「日銀が追加の金融緩和をすれば円安、しなければ円高に大きく振れ、荒れた展開になる」(大手銀行)との見方もある。

 午前11時時点の対ドル円相場は、前日午後5時より22銭円高ドル安の1ドル=118円56~57銭。対ユーロは、同49銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円67~68銭。

関連ニュース