朝日放送(大阪市)は2月1日から、同社のテレビ番組やCMの視聴データなどを活用し、より効果的なインターネット広告の可能性をさぐる実証実験を始める。期間は1年間で、商用化を目指す。国内初の取り組みだという。

 実証実験では、自社のテレビ番組やCMの視聴データに加え、番組ウェブサイトやスマートフォンアプリなど、朝日放送が持つサービスへのアクセスデータを使う。

 テレビ番組やCMがウェブ広告にどのような影響を与えるかについて継続的に調査。得られたデータは、広告主へのマーケティング施策や、ネット広告との相乗効果を最大化できるコンテンツの制作や、サービスの開発などに生かしていくという。(篠健一郎

こんなニュースも