[PR]

 本州の南岸を低気圧が東に進むため、関東地方は29日昼前~30日朝、甲信地方では30日昼過ぎにかけて大雪が見込まれる。気象庁は交通機関の乱れや路面の凍結などに注意を呼びかけている。

 関東甲信地方の山沿いや関東北部平野部を中心に雪が降っている。関東南部平野部では29日夜にかけて雪が予想される。

 30日朝までに予想される降雪量は、いずれも多い所で、甲信、関東北部山沿いで40センチ、箱根から多摩や秩父地方にかけては15センチ、関東北部平野部で10センチ、関東南部平野部で5~10センチ、東京23区では5センチ。