[PR]

 辺境を行くノンフィクション作家、高野秀行さんと歩く「隣の外国人」企画。取材は、東京郊外の和風喫茶店で、なぜかサウジアラビアのイスラム法学者のファトワ(宗教見解)をユーチューブで聞くことから始まった。期待通り、全く想定していなかった展開だ。

 話は「今日、すごく重要なことがありました」という高野さんのメールから始まった。

 高野さんによると、サウジの著名なイスラム法学者オサイミーン師が、「めいてい作用のないアルコール成分についてはハラル(合法)」というファトワ(宗教見解)を出したのだという。

 高野さんの友人のスーダン人女性アワーティフさん(36)の悩みは、和食の大半はみりんや酒を使っているため、食べられないことだった。お菓子も同じく、食べられないものが多い。イスラム教徒は飲酒が禁じられている。よきイスラム教徒たらんとするアワーティフさんは、たとえ調味料としてわずかに使っただけでも、酒を使った食品を口にすることをためらっていた。

 イスラム教の中でも厳格なワッハーブ派のオサイミーン師のファトワであれば、アワーティフさんも耳を傾けるのではないか、というのが高野さんの読みだった。

 実際、読みはあたった。真剣な表情でオサイミーン師の話を聞いていたアワーティフさんは、「驚きました」と言いながら、表情を緩めた。彼女の日本での生活の悩みの一つが、解消された瞬間だ。

 高野さんは得意げだ。

 「すごいな、オレ。彼女の問題を解決したよ」

 「いいことしたなあ」

 ついには「実は私は、オサイミーン師を知っている。私が頼んで、このファトワを出してもらったんだ」とアワーティフさんに言い出した。

 もちろん冗談だということは、彼女もわかっている。「グッド・ファトワ」といいながら笑っていた。

■外国人との距離の近さ、なぜ?

 その後、駅前のスーパーマーケットに行って、アワーティフさんの買い物を高野さんが手伝った。

 彼女のもう一つの悩みは、塩だった。「日本の食べ物はおいしい」というアワーティフさんだが、シャケの切り身やバターなど、塩を使っていないものを探していたが、区別できずに困っていたのだ。高野さんはアワーティフさんの欲しいものや悩みを一つ一つ聞いて、売り場を歩き回って説明した。

 買い物が終わり、最後にインタビュー。私が大学時代の探検部の先輩で、昔から知っている高野さんに仕事を頼んだ理由の一つは、この人なら肩ひじ張らず、実体験にもとづいた言葉で「隣の外国人」を語ってくれると思ったからだ。

 私は昨年からデスクとして難民に関する報道に携わってきた。難民や外国人の労働者など、外国人と日本社会というテーマでは「受け入れ反対」「賛成」といった「べき論」に終始しがちだ。それも無理もない。増えてきているとはいえ、外国人と接する機会が全くない人も多い。日本政府が難民として受け入れたのは、去年1年間でわずか27人だ。そもそも大半の日本人は、難民と接したことがないはずだ。

 けれど高野さんなら、「そんなに難しく考えないで、こうすればいいんじゃない?」と言ってくれそうな気がしたのだ。

 期待通り、高野さんはインタビューで、この人らしいことを言ってくれた。鈴木暁子記者が取材をしたインタビュー記事は、31日付の朝日新聞フォーラム面に掲載されるので、ぜひご一読いただきたい。

 私は最後に一つ聞いた。高野さんは自著でも書いているが、昔から外国人との付き合いが多い人だった。あるとき、同じ探検部の友人が「高野さんの部屋にいったら南米のインディオがいたんだよ!」と興奮して言ってきたことがあった。知り合いのつてをたどってペルーの奥地からやってきたものの、右も左もわからず困っている人を、3畳一間に泊めていたのだ。

 「高野さん、昔から部屋に外国人を泊めたりしていたじゃないですか。ああいう外国人との距離の近さは、どうしてなんですか?」

 「好奇心もあるけれど、とにかく僕は外国で親切にされたわけよ。そうすると返したくなるんだよね、人間は」

 続いて、旅の話になった。「だからね、旅に行ってほしいと思うんですよ。旅に行って、向こうの人に多少であれば迷惑をかけてもかまわない。そうすると絶対に親切な人が助けてくれる。そうすると、親切の意味や、やり方がわかる。だからなるべく若いうちに旅に出て欲しいと思うんですよ、これ、よく高校の講演会に呼ばれて言うんだけど、伝わっているかなあ」

 旅に出ろ。迷惑をかけろ。おお、なんだか「ステイ・フーリッシュ(愚かであれ)」といったスティーブ・ジョブズみたいな逆説的な言葉で、かっこいいじゃないか。

 いやあ、いい話が聞けた、と温かい気持ちになった。一方、以前から高野さんを知る身としては、高野さんが高校で講演?と意外な気もした。

 家に戻り、テレビをつけると、偶然にも高野さんがTBSの「クレイジージャーニー」に登場していた。松本人志さん、設楽統さん、小池栄子さんに、ソマリアの話をしているようだ。

 「カート(覚醒作用のある植物)は効き始めるとドーンと来るんですよ」「切れてくると不安になって・・・」。こんな内容をテレビで流していいのか、というような話をしている。

 高野さんは変わっていなかった。安心した。(国際報道部デスク・大島隆

こんなニュースも