[PR]

 危険ドラッグを製造したとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は29日、NHKアナウンサー塚本堅一容疑者(37)を医薬品医療機器法(製造等の禁止)違反容疑で再逮捕した。「自分で使うために作った」と容疑を認めているという。

 麻薬取締部によると、塚本容疑者は1月上旬ごろ、東京都文京区の自宅で、材料を配合して指定薬物の危険ドラッグを製造した疑いがある。同部は今月10日、この危険ドラッグを自宅で所持していたとして塚本容疑者を逮捕。自宅から、原料とみられる数種類の物質も押収した。

 塚本容疑者は平日夕方の情報番組「ニュース シブ5時」でリポーターを務めていた。