連合と経団連の労使トップが29日、都内で会談し、春闘の論戦が本格化した。ベースアップ(ベア)など月例賃金(月給)の引き上げにこだわる労働側、ボーナスも含め年収が増えれば良い、とする経営側。どう「賃上げ」するかで労使の溝がはっきりと浮かんだ。

 連合は、ボーナスは業績次第で簡単に減らされてしまうとして、あくまでもベアと定期昇給(定昇)を含めた月給の引き上げを求める。神津里季生(こうづりきお)会長は会談後、「月例賃金の引き上げなしでは本当の意味で(賃上げが)広がり、持続していくことにつながらない」と改めて強調した。

 一方の経団連。春闘の指針では「収益が拡大した企業は、昨年を上回る年収ベースの賃上げを」と呼びかけており、人件費の負担が増すベアについては否定こそしないものの慎重だ。榊原定征会長は会談後、「月例賃金だけが消費を喚起するということではない」との見方を示した。

 焦点となる大手と中小企業の格…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら