[PR]

 川崎市の河川敷で昨年2月、中学1年の上村(うえむら)遼太さん(当時13)が殺害された事件で、起訴された3人の少年のうち、殺人と傷害の罪に問われた無職少年(19)の裁判員裁判が2日、横浜地裁(近藤宏子裁判長)で始まった。少年は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 起訴状などによると、被告の少年は、遊び仲間だった18歳の少年2人=いずれも傷害致死罪で起訴=と共謀し、昨年2月20日午前2時ごろ、川崎市川崎区の多摩川河川敷で、上村さんの首をカッターナイフで何度も切るなどして殺害したとされる。

 また、事件の約1カ月前に上村さんを殴ってけがをさせたとして、傷害罪でも起訴されている。検察側の冒頭陳述によると、被告はこのけがの原因を上村さんが周囲に話したことに、怒りを募らせていたという。

 被告は河川敷で、ナイフで上村…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら