[PR]

 麻生太郎財務相は29日の閣議後会見で、経済再生相に就任した石原伸晃・自民党元幹事長について「この分野、あまり得意じゃないかもしれないが、がんばってもらえると期待している」と語り、独特の表現でエールを送った。

 石原氏は政権交代前の2012年の自民党総裁選で、再選をめざす当時の谷垣禎一総裁を幹事長として支える立場にありながら、自ら立候補を表明。谷垣氏は立候補断念に追い込まれた。当時、麻生氏は石原氏について「平成の明智光秀」「支援する人の神経がよくわからない」と厳しく批判した経緯がある。

 とはいえ、会見で麻生氏は「いまはデフレ脱却の正念場だ。内閣を挙げて、石原さんも一緒にやっていく」とも述べ、協力して経済財政運営に取り組む姿勢を示した。