[PR]

 本州の南岸を低気圧が通過するため、関東地方では29日夕方から30日朝にかけて、広い範囲で雪となり、平野部でも積雪の恐れがある。雨混じりの湿った雪になるとみられ、気象庁は電線や樹木への着雪などに注意を呼びかけている。

 前線を伴った低気圧は30日朝にかけて関東地方を通過すると予想され、雪や雨も強くなる恐れがある。関東のほか、東北地方南部の太平洋側や甲信地方でも30日にかけて雪となり、山沿いを中心に大雪の所もある見込みだ。

 30日正午までに予想される降雪量は、いずれも多い所で、関東北部山沿いと長野県北部、中部で40センチ、北陸と東北の山沿いで30センチ、関東北部平野部で10センチ、関東南部平野部で5~10センチ、東京23区では5センチ。