[PR]

 車を走らせる前にボンネットをバンバンとたたき、冬場にぬくもりを求めてエンジンルームに入り込んでいる猫に知らせる。「猫バンバン」という確認方法がいま、ツイッターなどで広がっている。「猫を死なせないように」との思いを込めた日産自動車の呼びかけを機に共感を呼んでいる。

 『乗車前の「ちょっとした思いやり」で救える命があります』

 日産自動車の国内公式ツイッターが昨年11月、猫の写真を付けて呼びかけ始めた。小動物は車体のすき間からエンジンルームに入ることがあり、ファンベルトが回ると巻き込まれる恐れも。そこでマーケティング担当社員らが「冬場の啓発の一つ」として発信した。

 『エンジンルームやボンネットなど鳴き声や気配がないか#猫バンバンをして確認をしましょう』

 リツイート(転載)は1月末の時点で1万に迫り、「優しいツイートをありがとにゃ~」「気をつけなきゃ!」といったコメントも寄せられた。予想外の広がりを受け、日産は「さらに周知を」と「#猫バンバン プロジェクト」を開始。特設サイトをつくり、猫をあしらった枚数限定のマグネットを用意した。

 JAFの略称で知られる日本自動車連盟も各支部のホームページなどで「ボンネットをパンパンしましょう」「『ボンネット コンコン』でトラブル防止」と呼びかける。大阪支部の山野陽一さん(46)は「ボンネットをたたけば、動物が動いてすぐわかる。効果は大きい」と話す。

 トラブル件数の統計はとっていないが、冬にはたびたび「(車内で)猫の鳴き声がする」といった出動要請が入り、子犬やネズミが確認されたケースもある。エンジンの上に足跡や食べかすがあれば「ねぐら」になっている可能性もある。山野さんは「発車前の点検はタイヤの減りやパンクにも気づけ、交通事故防止にもつながりますよ」と猫バンバンを勧めている。(平井良和)