[PR]

 東京都大田区の新井礼人(あやと)ちゃん(3)が死亡した事件で、暴行を加えたとして傷害容疑で逮捕した永富直也容疑者(20)について、警視庁は容疑を傷害致死に切り替えて調べる。捜査関係者によると、25日夜の暴行で、頭に強い衝撃を受けたことが死亡につながった、と判断したという。

 大森署によると、司法解剖の結果、死因は外傷性硬膜下血腫だった。暴行は約1時間半にわたり、正座をさせ、足を振り下ろす「かかと落とし」をしたほか、ガラス棚にボウリングの球のように投げ飛ばすなど激しいものだった。

 礼人ちゃんは27日未明、死亡が確認された。母親は、暴行後パニックになったが、永富容疑者に「息をしているから大丈夫だ」と言われて落ち着き、「寝返りをしていたので大丈夫だと思った」と署に説明したという。

 母親は26日に薬を買いに行ったが、容体は徐々に悪化。永富容疑者は心配した母親に「(虐待が)ばれる。お前も一緒にいたから捕まる」「(病院などには)公園でけがをしたと言え」と言ったという。