[PR]

 リオデジャネイロ五輪の男子サッカーは、16の出場枠のうち15チームが決まった。6大会連続10回目の出場となる23歳以下(U23)日本代表の手倉森監督は「本大会でメダル獲得」と目標を掲げている。今後の強化と、24歳以上の選手を3人まで加えられるオーバーエージ(OA)枠の活用がカギを握る。

 チームは3月下旬に海外遠征。5、6月に親善試合が予定されている。5月下旬にはトゥーロン国際(フランス)があり、五輪本大会前に他国との力関係を把握する場になる。

 本大会のメンバーは18人。手倉森監督は「この世代の選手全員を伸ばしたい」と話す。最終予選の登録23人も安泰ではなく、今回は選外だった選手もJリーグでの活躍次第でチャンスはある。一方、世代全体が伸び悩むようならば、OAの活用も視野に入る。

 今大会は準決勝までの時点で、DF植田、室屋、GK櫛引ら守備陣の成長が光った。一方で攻撃面では、主将の遠藤が「本大会ではもう少しボールを保持し、相手のスキを突いて崩すことも求められる」。球を収められるFWや、質の高いパスを配球するMFが必要になるかもしれない。

 日本協会と手倉森監督には、リオ五輪では結果を追うのと同時に、2年後のワールドカップロシア大会へつながる人材を育てたい意向もある。OAの対象は、リオ世代と年齢が離れていない、A代表に入り込む実力がある、などの条件を満たす選手が有力だ。

 霜田技術委員長はOAについて、「使うか使わないかは2月中に方向性を出したい」と話す。使う場合は、「Jリーグ所属の選手になると思う」との見通しを示した。12年のロンドン五輪と同様だと、クラブ側に24歳以上の選手を派遣する義務はない。海外クラブ所属の選手は、交渉が難航する可能性があるからだ。(ドーハ=藤木健)

■サッカー男子のリオ五輪出場国

《開催国(1)》

ブラジル

《欧州(4)》

スウェーデン

ポルトガル

デンマーク

ドイツ

《南米(1.5)》

アルゼンチン

《北中米カリブ海(2.5)》

メキシコ

ホンジュラス

→大陸間プレーオフ(3月)コロンビア―米国

《アフリカ(3)》

ナイジェリア

アルジェリア

南アフリカ

《アジア(3)》

日本

韓国

イラク

《オセアニア(1)》

フィジー