[PR]

(29日、テニス全豪オープン・男子シングルス マリー3―2ラオニッチ)

 最後のショットが決まると、マリーはほっと息をついた。「彼は本当にサーブが良くて、苦しんだ」。4時間3分の接戦だった。

 ミスショットはラオニッチの78本に対して、マリーは28本。サービスゲームを1ゲームしか落とさず、大事なところでの勝負強さが光った。相手には最速233キロのサーブで23本のエースを決められたが、サーブの威力が落ちた終盤はラリー戦でも主導権を握った。

こんなニュースも