福岡県直方市の日本語学校「JAPAN国際教育学院」の経営者らが外国人留学生に不法就労をあっせんしていたとされる事件で、学校が3月末に閉校することが関係者への取材でわかった。幹部らの逮捕や県警による学校の資金の差し押さえなどで、運営が困難になったという。

 福岡入国管理局によると、刑事事件に絡んで日本語学校が閉校するのは異例。学生が留学を続けるためには転校の手続きが必要になる。

 同校をめぐっては、ベトナム人留学生4人に学校指定の職場で法定の週28時間を超える就労をさせたとして、会長の上野末次容疑者(57)ら幹部3人が今月23日、出入国管理法違反(資格外活動のあっせん)の疑いで県警に逮捕された。県警は留学生4人も同法違反(資格外活動)容疑で逮捕している。

 入管法施行規則は、留学の在留資格の場合、アルバイトなどで働けるのは週28時間以内と定めている。だが4人は複数の職場を掛け持ちし、最大で週72時間働いていたとされる。県警は、同校に在籍する約180人の留学生の大半が、学校の指示で法定の時間を超える労働をしていたとみている。

 上野容疑者の代理人弁護士は、朝日新聞の取材に対し、「学校の資金を差し押さえられた上、近く法務省から学校の告示を取り消される可能性が高く、学校の存続は事実上不可能になった」と明かした。

 福岡入管は学校に対し、在学生の進学や就職の時期を考慮して3月末までは授業を続けるよう指導。これを受け学校は3月末に閉校する方向で調整している。

 27日には入管の職員が同校を訪れ、法定の時間内のアルバイトは問題ないことなどを学生に説明し、不安軽減に努めたという。(張守男)

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら