[PR]

 前線を伴った低気圧の影響で、30日朝にかけて関東地方北部の山沿いや長野県などで雪が降り、気象庁は雪崩や路面凍結などに注意するよう呼びかけている。東京の都心を含む関東南部の平野部では、冷え込みが予想より軽かったため、大雪となる可能性は低くなったという。

 低気圧は列島から遠ざかりつつあり、雪の降り方は次第に弱まる見込み。31日朝までの予想降雪量は、多いところで長野県北中部で10センチ、関東北部で5センチなどとなっている。