[PR]

 ラグビー・トップリーグの入れ替え戦が30日、福岡・レベルファイブスタジアムなどで4試合があり、トップチャレンジ1(下部リーグ順位決定戦)で1位になったサニックス(九州1位)がリーグ最下位(16位)のNTTドコモを19―15で振り切って、2季ぶりのトップリーグ(TL)復帰を決めた。コカ・コーラ(リーグ14位)は九州電力(九州2位)と14―14で引き分け、規定により残留。ほかの2試合はともにリーグ勢が勝ち、残留を決めた。公務員チームで初昇格を目指した大阪府警(ウェスト1位)は無得点に終わった。

 サニックス(九州1位)19―15NTTドコモ(リーグ16位)、リコー(リーグ13位)76―0大阪府警(ウェスト1位)、コカ・コーラ(リーグ14位)14―14九州電力(九州2位)、NEC(リーグ15位)17―3三菱重工相模原(イースト1位)

こんなニュースも