[PR]

 トヨタ自動車は2月1日から1週間、国内の全工場で残業と休日出勤を見合わせる。愛知製鋼の知多工場(愛知県東海市)で起きた1月8日の爆発事故で、部品の生産が滞っているため。2月8日以降の生産は今週半ばをめどに決める。

 事故があったラインの再開は3月の予定。愛知製鋼の別ラインで増産したり、神戸製鋼所など同業他社が代替生産をしたりしている。それでも一部の部品が不足し始めており、今週の生産は定時だけとする。

 関係者によると、来週2月8日以降は不足部品が拡大する見通し。トヨタは影響が最小限にとどまるよう生産計画の見直しを進めているが、国内の一部工場で生産を止める可能性もあるという。