[PR]

 シャープの再建を巡り、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長が30日、大阪市のシャープ本社を訪れた。鴻海は会社全体を6千億円を超える金額で事実上買収する案を示している。経営トップが直接説明することで支援に意欲をみせた。ただ、政府系ファンド「産業革新機構」の主導で立て直す方向は変わっていない。

 鴻海は大型液晶をつくる堺工場に出資するなど、いまも協力関係にある。シャープは革新機構から3千億円規模の出資受け入れで調整しているが、鴻海と部分的な提携を探る動きもある。液晶や家電などの事業見直しで協力していく案が浮上している。

 郭会長は訪問後に「日本への投資は必ず行っていく。100年続く企業であるシャープの起死回生を図り、安定した仕事を約束する」とのコメントを鴻海幹部を通じて出した。

 ただ、鴻海は過去にシャープへの出資を約束しながら実行しなかった経緯がある。革新機構側には、液晶技術が海外に流出することへの警戒感も根強い。