[PR]

 30日午後5時5分ごろ、京都府宇治市炭山の山中で、宇治署東宇治交番の男性巡査(24)が頭から血を流して倒れているのを、署員が見つけた。巡査は搬送先の病院で死亡が確認された。発見時、巡査は右手で拳銃を握っており、1発が発射されていた。周辺に争った形跡はなく、署は拳銃で自殺したとみている。遺書は見つかっていない。

 署によると同日午後4時半ごろ、通行人から「警察のバイクが路上にとめてある」と通報があり、署員が捜索。バイクから約20メートル離れた雑木林で倒れていた。巡査はこの日は交番で勤務し、午後1時ごろ、何も言わずに出て行ったという。