[PR]

 1日午前1時10分ごろ、大阪府忠岡町馬瀬1丁目の木造平屋建ての民家付近から出火し、南北で棟続きの2棟の計約100平方メートルが全焼した。府警によると、南側の民家から男女の遺体が見つかった。住人の植芝清辰さん(87)と妻のキクミさん(88)が所在不明になっており、植芝さん夫婦ではないかとみて調べている。

 泉大津署によると、植芝さんは夫婦2人暮らしで、清辰さんは足腰が弱っていたという。男性の遺体は玄関付近、女性の遺体は台所付近で見つかった。北側の民家には女性(93)が1人で暮らしていたが、近所の人に連れ出されて無事だった。現場は南海本線忠岡駅から南東に約600メートルの住宅街。