[PR]

 1日午前8時5分ごろ、茨城県城里町下古内の資材置き場で、「粘着テープで目隠しされ、顔面から血を流している人が倒れている」と近くの会社員から110番通報があった。県警の捜査員が、顔に粘着テープを巻かれた男性の遺体を確認した。県警は男性が殺害された可能性もあるとみて捜査を始めた。

 捜査1課によると、遺体は資材置き場の隣の住宅に住むタイ国籍の女性(54)が見つけた。女性は「遺体は夫だ」と話しているといい、県警は資材置き場で解体業を営む70代の男性の可能性があるとみて確認を進めている。女性は「朝起きると夫がいなかったので捜していた。昨日(1月31日)は一緒にいた」と話したという。現場は山林地帯の一角。