[PR]

 大阪国際女子マラソンで優勝し、リオ五輪女子マラソン代表に大きく近づいた福士加代子(ワコール)が、3月13日開催の名古屋ウィメンズマラソンにもエントリーすることが1日、分かった。永山忠幸監督が明らかにした。

 福士は1月31日の大阪で日本勢では9年ぶりに日本陸連の設定記録(2時間22分30秒)を突破する2時間22分17秒をマークした。しかし、代表選考の最終レースとなる3月の名古屋ウィメンズで、設定記録を上回る選手がいた場合、落選する可能性が残っている。

■むちゃを承知、大きな負担

 常識的に考えれば、福士は名古屋を走らず、五輪に向けて今から体調を整えるべきだ。むちゃを承知で再挑戦を決めたのは、高評価の福士でも、選考規定により、代表から落選する可能性がゼロでないからだ。

 五輪代表には、昨年の世界選手…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら