[PR]

 1月に国内で売れた新車は前年同月より4・6%少ない38万2876台で、13カ月連続で前年を下回った。このうち軽自動車は11・6%減の14万5215台で、13カ月連続の前年割れとなった。軽自動車税の引き上げの影響などが長引いている。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会が1日、発表した。軽以外は前年より0・2%増の23万7661台で、4カ月続けて前年を上回った。軽以外については「受注は悪くないが、人気の新型車に注文が集中している」(自販連の担当者)と言う。

こんなニュースも