ゼンリンは小型無人飛行機(ドローン)の飛行可能エリアを表示する地図サービスの実証実験を始めた。3月中旬までネットで無料で公開し、利用者の意見を反映させて4月以降にサービスを始める予定。

 地図では、原則飛行が禁止の空港周辺や人口集中地区が赤色で表示され、飛行可能エリアを確認できる。専用サイト(http://www.uas-japan.org/mapservice別ウインドウで開きます)で登録すると、パソコンやタブレット端末で見られる。

 改正航空法の施行で、ドローンが飛ばせるかは事前確認の必要がある。企業や個人のドローンへの関心が高まり、ゼンリンはビジネスチャンスとみて、ドローン普及に取り組む「日本UAS産業振興協議会」などと実験を進める。

こんなニュースも