[PR]

 与野党は1日、甘利明・前経済再生相の現金授受問題で審議が遅れていた国会を正常化させることで合意した。野党の求めに応じ、後任の石原伸晃経済再生相が衆参両院で演説することを与党が受け入れたためだ。甘利氏の閣僚辞任で「幕引き」を狙う与党に対し、野党は「政治とカネ」の問題を引き続き追及する構えだ。

 この日、国会内で開かれた与野党幹事長・書記局長会談で、自民党の谷垣禎一幹事長は「ご迷惑をかけた」と謝罪。経済演説を行った甘利氏が直後に辞任したことで、演説のやり直しを求めていた野党に対し、経済演説に相当する「所信表明」を2日に行うと伝えた。これに伴い、新年度予算案は3日にも実質審議に入る見通しだ。

 政府・与党は、2日から甘利氏を派遣する予定だったニュージーランドでの環太平洋経済連携協定(TPP)の署名式には、副大臣を代わりに出席させる方針。甘利氏の辞任で一連の問題に対する批判や追及をかわし、国会審議を与党ペースに戻そうとしている。

 これに対し野党側は、企業団体…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも