[PR]

 栃木県栃木市の市役所駐車場で昨年12月末、「関東・東北豪雨の被災者に使って」とのメモ書きが添えられて見つかった年末ジャンボ宝くじ2千枚(60万円相当)について、市は1日、拾ったと届け出た市内の60代の女性が持ち主だったと発表した。女性は1日朝、保管していた栃木署から宝くじを受け取り、改めて市に寄付した。市が確認したところ、当選金は12万円だった。

 市や署によると、先月下旬に女性が「駐車場のエレベーターに置いてあったのではなく、自分が購入した」と申し出た。名乗り出なければ5カ月後に県の所有になると報道で知り、「あくまでも市に使ってほしい」と、名乗り出た理由を話したという。栃木署が筆跡や防犯カメラの映像から本人と確認した。

 宝くじは連番とバラで1千枚ずつあり、当選金額は5等(3千円)が20本、6等(300円)が200本の計220本で、計12万円だった。鈴木俊美市長は「被災者のために『夢』を使ってほしいと名乗り出たのだと思う。12万円は決して安い金額ではない。豪雨の被災市民、農家に使わせていただく」と語った。(平井隆昭、岩佐友)