[PR]

 バレンタインデーに合わせて毎年、少年らがバイクで集団暴走しているとして、大阪府警が警戒を強めている。府警は1日、昨年の「バレンタインデー暴走」に関与したとして16~18歳の男女44人を道路交通法違反(共同危険行為)の疑いで逮捕・書類送検して捜査を終えたと発表した。

 交通捜査課によると、逮捕・書類送検したのは昨年2月15日未明にあった暴走行為。30台のバイクが大阪府松原市、八尾市などの中央環状線で、信号無視をしたり横に広がったりしながら走ったという。メンバーは通信アプリ「LINE(ライン)」で集めていた。

 44人のうち逮捕されたのは高校生ら少年11人。うち3人が少年院に送致され、残る8人は保護観察処分となった。