[PR]

 山形県は1日、北朝鮮からミサイルが発射されたという誤った内容のメールを、地元のテレビ局やラジオ局、陸上自衛隊第6師団など44カ所に送信したと発表した。約3分後に訂正のメールを送った上で電話で謝罪したという。ミサイル発射が報道されることはなかった。

 山形県危機管理課によると、同課職員が1日午後2時50分ごろ、準備のためのメール文案を作った際、誤って送信した。同課は、ミサイル発射の兆候があるとする最近の報道を受けて準備していたと説明している。