[PR]

 甘利明・前経済再生相の現金授受問題で停滞していた国会が2日、正常化した。安倍晋三首相が出席した衆院本会議で、甘利氏後任の石原伸晃経済再生相が演説。補充質疑で民主党は首相による甘利氏の任命責任を追及し、甘利氏本人の参考人招致も要求した。3日から実質審議に入る予定の衆院予算委員会は、政治とカネをめぐる与野党攻防が当面の焦点になる。

 石原氏は演説で「これまでのアベノミクスの成果の上に、デフレ脱却・経済再生と財政健全化をさらに前進させる」と強調し、「名目GDP600兆円を2020年ごろに達成することを目標とし、新・第一の矢である『希望を生み出す強い経済』を推進していく」とも訴えたが、甘利氏の問題については言及を避けた。

 これに対し、民主党の西村智奈美氏は甘利氏の辞任が「首相が必死にかばっている最中の出来事だった」と強調。閣僚の任命責任を追及するとともに、甘利氏が国会招致に応じるよう首相が促すことを求めた。

 首相は「閣僚の任命責任は私に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも