[PR]

 兵庫県加西市の市立中学校で1月下旬、男性教諭(26)が授業中に1年の男子生徒(13)に「姿勢が悪い」とライターの火で髪の毛を焦がしていたことがわかった。市教委は2日午後、この教諭から詳しく事情を聴いた。

 市教委によると、教諭は1月20日午後、国語の授業中に男子生徒に対し、授業態度が悪いとして再三注意。ライターをズボンのポケットから取り出して火を付け、生徒の左側頭部に近づけ毛先を焦がした。教諭は直後に生徒らに謝り、同日夜に生徒宅を訪れ保護者に謝罪した。2日の市教委の聴取には「感情的になった」と話しているという。

 市教委によると、同校の校長は今月1日まで市教委に報告せず、「生徒や保護者が納得してくれて、登校もしていたので解決したと考えていた」と説明。高橋晴彦教育長は「学校教育の信頼を損ねる行為であり、指導を徹底したい」と話している。