[PR]

 大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で3月18日、15周年のイベントが始まる。新型ジェットコースター「ザ・フライング・ダイナソー」が開業し、大量の紙吹雪が舞うパレードなど15のイベントが繰り広げられる。

 「リ・ボーン!さあ、やり過ぎよう、生き返ろう。」がテーマ。「若返り」の意味にちなんだ「リ・ボーン大使」に、元プロテニスプレーヤーの松岡修造さんが就任した。2日のイベントで「人は普通じゃ変われない。やり過ぎて生まれ変われる」と語りかけた。

 新型コースターは、顔と体が下を向いた体勢で楽しむ。大人でも手が届かない高い位置にある「やり過ぎ自販機」なども登場する。

 USJを巡っては、任天堂が2日、同社のキャラクターを使ったアトラクションを共同開発する方針を示した。米国の「ユニバーサル・パークス&リゾーツ」ともすでに同じ合意をしており、日本にも広げる。